INTERVIEWS

Ayako KURIHARA

アルカイースト店
レセプション
2007年入社

働くママとして、必要とされる嬉しさを実感

新店のフロントとして入社し、アシスタントとして4年間働いていましたが、結婚を機に転職。ブライダル業界で5年間、子育てをしながらパートで働いていました。子育て中思うように働けない最中、以前働いていた時の上司より、「できる時間だけでもいいから来れないか?」と声をかけていただき再入社を決めました。以前働いていた事もあり、必要とされる時間と自分の働ける時間がずれている事はわかっていたのでまた働けるとは思ってもいなかったですし、何よりも嬉しかったです。技術等で足らない部分は入社後きちんと指導してもらえる環境であることはわかっていたので、ブランクについての不安は感じませんでした。
現在はフロント業務を中心に、受付、電話応対、web予約の確認、会計、シフト入力が主な仕事です。またお客様によりリラックスしていただける環境づくりの一つとして植物のメンテナンスを心掛けています。
育児と仕事の両立は難しいと思っていましたが、働くママとして受け入れてもらい、柔軟に働かせていただけることにすごく感謝しています。

私にしかできないことを見つけたい

スカイにはさまざまな形態の店舗があります。そのため技術、接客に関して多様な視点から学べることが魅力の一つです。また店舗数も多くあるので、人手が足りなくなった際には互いに助け合い、いつも通りにお客様を迎えることができるところも強みだと感じます。店舗は違えど社内での交流は深く、コンテストや合同セミナーなどがあるため、良い関係を築きながら切磋琢磨しています。
私自身パートで働いているため、勤務時間など他のスタッフとは働き方が異なります。ですが、店舗の一員として受け入れてくれるスタッフのためにも、自身の役割を考え、私にしかできないことを積極的に見つけていきたいと思います。

苦手なことでも、チャレンジすることが大切

理容室で働いているとさまざまなお客様が来店します。来店時にお疲れ気味だったお客様が、帰る際に「また来るね!」と笑顔で言ってくれたり、スタッフとお客様が笑顔で会話をしている時にこの仕事をやっていて良かったと感じます。
お子様連れのお客様も多く、施術中にトイレやオムツ交換が必要になったときには自身の子育て経験が活かされます。特に印象的だったのは、お子様がモゾモゾしていたので、「おトイレいく?」と声をかけると、「うん」と嬉しそうに返事をしてくれたことです。子どもはなかなかトイレに行きたいと言えなかったりするので、嬉しそうな顔を見せてくれたときは、私も嬉しかったです。
最近は海外からのお客様も増えました。ただコミュニケーションの壁があり、なかなかうまく会話をすることができません。これからは英語も必要だと思い、英会話の勉強もしています。
さまざまなお客様が来られるからこそ、皆様に快適なサロンを提供したいと思います。苦手を苦手とせず、色々なことにチャレンジして、将来は「アルカイースト店のおばあちゃん」になることが目標です。

Rina ISHIKUBO

Rina ISHIKUBO

ビューレックス新宿店
ビューティシャン
2017年入社

Miki IKEDA

Miki IKEDA

ラヴィーチ表参道
ビューティシャン
2015年入社

Yuki SATO

Yuki SATO

シープレイス店
スタイリスト
2009年入社

Mika SATO

Mika SATO

ラヴィーチ表参道
ビューティシャン
2014年入社

Akihiro YANAGI

Re-beau
トップスタイリスト
2005年入社

Ayako KURIHARA

Ayako KURIHARA

SKYアルカイースト店
レセプション
2007年入社